ダイビングに必要な器材は購入する必要はない

ダイビングは水の中でも呼吸ができるようにするための器材が必要です。
具体的には、水中で呼吸をするためのレギュレーターや、空気の残りを把握するための残圧計などです。
また、呼吸だけできれば良いというものではなく、水中の景色を楽しむためには良好な視界が必要です。
このため、マスクが必要になりますし、水中を機能的に移動するためのファンも必要です。
このように考えると、必要なものは多く、特にこれからダイビングを始めるという人には、高い敷居となってしまいがちです。
ただ、これらの器材を全て購入する必要はありません。
確かに、自分の使い慣れたものの方が楽ですが、これから長きに渡りダイビングをするかどうかわからない場合には、レンタルすることも可能です。
何か色々な準備が必要でお金がかかりそうというイメージがあるかもしれませんが、まずは器材はレンタルする考え方で良いと思います。
まずは、水中の景色や自由に移動できる魅力を楽しみましょう。

ダイビングの器材をレンタルではなく自前で揃える人もいます

ダイビングには、海に潜って熱帯魚を観察したり、無音の空間で心を落ち着かせたりと様々な魅力があります。
酸素ボンベから空気が送られてくるので長時間海に潜ることができます。
日本国内や海外リゾート地で楽しめますし、ダイバー資格を取るためのプランもあります。
あまり距離は長く泳げない場合でも、足にはフィンを付けるので普段泳ぐときよりは長距離をスイスイ泳げます。
スイミングや潜る練習は地元のダイビングスクールで行って、実際に海に潜るときにはリゾート地へ行ってからエンジョイするというパターンで楽しめます。
綺麗な海に潜るのは大きな魅力があり、ダイビングに慣れて何度も楽しみたいという人は自分で器材を揃えている人もいます。
通常は、そういった器材はレンタルして使うのが一般的ですが、使うものにもこだわりたいなら自分で好きなブランドのものを使います。
細かいものなら数千円単位で買えますが、大きな器材は数十円するのでしっかり吟味して選びます。

recommend


貸会議室 新宿


Last update:2020/4/23

『ダイビング 器材』 最新ツイート